中国大引:上海総合0.2%高で続伸、鉄道建設関連に買い

2018年10月10日 16:35

 10日の中国本土マーケットは小幅に値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比4.82ポイント(0.18%)高の2725.84ポイントと続伸した。上海A株指数も上昇し、5.06ポイント(0.18%)高の2854.58ポイントで取引を終えている。
 中国の政策に対する期待感が相場を支える流れ。国務院は9日、「運輸構造調整3年行動計画(2018~20年)」を発表し、2020年の鉄道貨物輸送量を17年比で30%増加する目標を正式に打ち出した。これ以前にも当局は、内需の刺激に力を入れているほか、一段の輸出拡大策を導入する方針を示している。もっとも、上値は重い。中国景気の先行き不安や、米中貿易摩擦の長期化観測などが逆風だ。指数は一進一退の値動きとなっている。
 業種別では、鉄道建設関連の上げが目立つ。ゼネコンの中国鉄建(601186/SH)が4.0%高、車両製造の中国中車(601766/SH)が2.3%高、建材の安徽海螺セメント(600585/SH)が1.9%高で引けた。鉄鋼株や非鉄株、建機株なども物色されている。石炭や石油、天然ガスのエネルギー株も高い。銀行株も堅調だ。
 半面、消費関連株はさえない。白酒(中国の蒸留酒)メーカー最大手の貴州茅台酒(貴州マオタイ:600519/SH)が3.5%安、スーパーマーケット大手の永輝超市(601933/SH)が2.4%安と下落した。医薬株やハイテク株、不動産株、海運株なども売られている。
 一方、外貨建てB株の相場はまちまち。上海B株指数が0.27ポイント(0.09%)高の285.08ポイント、深センB株指数が5.81ポイント(0.61%)安の944.12ポイントで終了した。

内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

ashuir_bnr02

購読者様専用フォーム

ログインステータス

You are not logged in.

検索

メルマガのご案内

カテゴリー

ashuir_bnr02