続伸、ハンセンは32ポイント高

2019年12月9日 10:52

ハンセン指数     26530.49  +32.12 +0.12%
中国本土株指数(旧H株指数) 10420.78 +13.60  +0.13%
レッドチップ指数 4257.58 +14.76 +0.35%

 週明け9日の香港マーケットは、日本時間の午前10時33分現在、主要指標のハンセン指数が小幅ながら3日続伸している。米中通商合意の期待感が持続。国家経済会議(NEC)のクドロー委員長は6日、米農産品の購入額など重要問題を巡り、「ほぼ24時間体制で」交渉を進めていると米メディアのインタビューに答えた。先週6日には、中国が米国産大豆・豚肉の一部について、追加関税の対象外とする方針を表明している。
 ただ、上値は限定的。中国ではあす以降も11月の経済指標が相次いで発表されるため(10日に物価統計、16日に小売売上高や鉱工業生産、15日までに金融統計など)、結果を見極めたいとするムードが漂っている。8日に公表された11月の貿易統計では、米ドル建ての輸出が予想に反してマイナスとなる半面、輸入は予想外のプラスとまちまちの内容だった。
 主要銘柄の値上がり率は、舜宇光学科技(2382/HK)が2.8%、碧桂園HD(カントリー・ガーデン・ホールディングス:2007/HK)が1.4%、華潤置地(チャイナ・リソーシズ・ランド:1109/HK)が1.4%、中国石油化工(サイノペック:386/HK)が0.9%、HSBC(5/HK)が0.9%など。

内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

ashuir_bnr02

購読者様専用フォーム

ログインステータス

You are not logged in.

検索

メルマガのご案内

カテゴリー

ashuir_bnr02