続伸、ハンセンは370ポイント高

2019年1月7日 10:44

ハンセン指数     25996.47  +370.44 +1.45%
中国本土株指数(旧H株指数) 10187.93 +158.28  +1.58%
レッドチップ指数 4161.21 +54.85 +1.34%

 週明け7日の香港マーケットは日本時間の午前10時33分現在、主要指標のハンセン指数が続伸している。内外の好材料で買われる展開。米国ではパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が米金融政策に関し、「必要に応じ政策変更もいとわない」と発言し、利上げを急がないスタンスを示した。また、昨年12月の米雇用統計では、非農業部門の雇用者数が予想以上に伸び、賃金の上昇ペースも加速。米労働市場の好調を受け、米景気の減速懸念が後退している。
 中国では、当局の景気テコ入れ姿勢が鮮明化。中国人民銀行(中央銀行)は4日夜、預金準備率を1ポイント下げると発表した(今月15日と25日に0.5ポイントずつ実施)。このほか、大型インフラ投資案件の認可も加速している。投資家のセンチメントが一段と上向く中、ハンセン指数の構成銘柄は全面高で寄り付いた。
 主要銘柄の値上がり率は、中国神華能源(チャイナ・シェンファ・エナジー:1088/HK)が3.7%、吉利汽車HD(175/HK)が3.5%、舜宇光学科技(2382/HK)が3.1%、長江実業集団(CKアセット・ホールディングス:1113/HK)が3.0%、瑞声科技HD(AACテクノロジーズ・ホールディングス:2018/HK)が2.9%、石薬集団(CSPCファーマシューティカル・グループ:1093/HK)が2.4%など。

内容についてのお問い合わせは<info@ashuir.com>まで。

ashuir_bnr02

購読者様専用フォーム

ログインステータス

You are not logged in.

検索

メルマガのご案内

カテゴリー

ashuir_bnr02